毛穴 消す 化粧下地

ただ塗るだけではダメ。毛穴はこうやってカバーする

メイクの時の化粧下地には、化粧水、乳液、そしてBBクリームなどがありますが、化粧水、乳液が無色である場合、肌に伸ばすように塗りこんでいっても問題ないでしょう。しかし色のはいった乳液の場合、またBBクリームを使用する場合には、肌に伸ばすようにぬってはいけません。なぜならムラが出来るからです。また肌に伸ばすときに、毛穴に詰まってしまう可能性があるからです。

 

毛穴 隠す 下地 リキッドファンデーション

 

ではそんな時にどうすればいいのでしょうか?

 

その時には、肌にたたきこむように塗りこんでいくといいのです。

 

横の動きでは塗らが出来るけれど、縦の動き、つまり叩き込むような塗り方をすると、あまり毛穴に詰まったりすることはありません。

 

また縦の動きで塗る場合には、一度にたくさん塗ることって出来ませんよね。必ず少しずつ塗ることになるので、ムラを調整する調整することが出来るのです。

 

また横の動きで塗る場合、何度も重ねると厚塗りになる可能性もありますが、縦の動きで塗ると厚塗りになることが予防できます。またシミや毛穴が目立つところは少し厚めにそして何もないところは薄塗といったように調整もしやすくなります。

 

またその上からリキッドファンデーションやパウダーファンデーションをぬっても下地なので、厚塗りしていてもあまり目立たなくなります。そのためにもしも毛穴を隠したいとか思っている人は、出来るだけ下地の段階で目立たないようにしておく、そしてその上に使用するリキッドファンデーションやパウダーファンデーションは出来るだけ薄くしておく、そのようにすることがいちばん大切だと思います。

 

化粧下地 仕上がり 満足

 

はじめは難しくてもだんだんそれを身に着けるとメイクも上達します。しっかりカバーできているけれど、見た目は薄いメイクというのも実現できるのです。