毛穴 消す 化粧下地

こんなに仕上がりが違う、アラサーからのメイクの方法

毛穴消す化粧アラサー

 

30歳を超えてくると化粧の下地は必須になります。

 

20代の頃は感じなかった毛穴の開きやたるみなどが顕著に現れます。

 

私自身も20代の頃は化粧水の後にいきなりファンデーション・・・というようなメイクでも肌の張りがあるので、それでも十分だったのですが、30歳を超えたらそれでは必ず化粧崩れしてくることに気づきました。特に夏場は気温の上昇で汗をかくのと共に毛穴の開きはマックス、肌の色むら、毛穴のたるみがとても目立つ為見苦しいです。

 

まず、ぬるめの洗顔で毛穴の汚れを丁寧に落とすことは必須とし、次に冷たい水で洗い流し毛穴をひきしめ、なるべく引き締め系の化粧水をたっぷり肌に沁みこませます。

 

次にコンシーラーなどで気になるくすみを隠し、毛穴用ベースを薄く塗った後は化粧下地を塗ります。この時、厚塗りするのではなく、薄くむらなく塗ることが大切です。厚塗りすると次にファンデーションを塗った際、もろもろとした繊維のようなものが出る可能性があります。薄く丁寧に下地を塗ってからファンデーションをつけていきますが、こするようにではなく優しくはたくようにつけます。

 

下地は指の腹で優しく伸ばすように塗ることが大切です。日焼け止めのように手のひら全体でこするようにつけるとファンデーションを塗った際に必ずむらになります。そして夏用冬用ファンデーションと分けるのがベストです。

 

ここまで丁寧に下地や毛穴用カバークリームを使用しても30歳を超えると1日もたせるのは難しいです。化粧直しをするにしても油取り紙で必ず余計な皮脂を拭き取って、それから再度丁寧に行うことが大切です。

 

メイク上から吹き付けることができるミスト系の化粧水も効果的です。

 

それから、下地は唇にも塗ることをお忘れなく。唇に塗ってから口紅を塗ると唇の発色や色モチが良くなります。
30歳を超えたら、今まで通りのメイクでは必ず崩れます。

 

大人の女性として丁寧なメイクを心がけることが大切だと痛感しています。